いつか、聴いた歌。いつか、胸ふるわせた歌。いまの僕へと、導いた歌。 ・・・そんなエピソードの数々


by logos7777
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

永遠の青春

♪BGM≪『青春の坂道』岡田奈々

“岡田奈々”という美少女がいた。

彼女がアイドルとして活躍していた時代を、
僕は、テレビで見守っていたけれど、
彼女を特別に意識することはなかった。

時を追うごとに、当時の彼女の写真や映像を通して、
多くの人を魅了した彼女の輝きを知るようになったけれど、
まだ幼かった僕には、美しさに魅かれる感覚は未熟で、
記憶の列車から映る風景の一部として
彼女の活躍を眺めていた。

そんな彼女の曲の中で、
この曲は、今でも心をときめかせてくれる。

♪淋しくなると訪ねる 坂道の古本屋
 立ち読みをする君に 逢える気がして・・・♪


今、その歌詞をたどってみると、
別れの世界を描いていることに気づく。
当時は、そんなこともわからなかった。
僕の記憶の中では、
あくまでも、この曲には、
彼女のさわやかな笑顔だけが刻まれていたからだ。

♪言葉に出せない愛も 心には通ってた
 同じ道 もう一度 歩きませんか・・・♪


“青春”──。
様々なドラマがこめられていて、
そのドラマの場面を演じきることによって、
人は、高みと深みと広がりを増していく。

子供の目線からすれば、
“青春”とは、憧れそのものだった。
やがては、その舞台に立つのだが、
遠い世界の幻想のように感じていた。

そして、気がつけば、
人生の中間点あたりに、たどりついていた。
“青春”とは、夢のような時代だった。

♪青春は 長い坂を登るようです
 誰でも息を切らし 一人立ち止まる・・・♪


僕にとって、
“青春”は、いつから始まったのだろうか?
そして、
“青春”は、いつ終わったのだろうか?

いや、
“青春”は、ほんとうに終わったのだろうか?

長い坂の勾配は、その時々で変わったけれど、
今でも、その傾斜は続いている。
終わることなく。
そして、下ることもなく。

この坂道は、人生の終わりまで続いている。
いや、この人生が終わったとしても、
魂で、永遠の傾斜を登り続けるのかもしれない。

人は、永遠に、“青春”を登り続けるのだろう。

♪そんな時 君の手の やさしさに包まれて
 気持ちよく泣けたなら 倖せでしょうね・・・♪


感情のままに恋をした相手。
友情のもとに恋をした相手。
愛情のうちに恋をした相手。

色々な恋があるけれど、
やはり、
そこに“君”がいるから生きていける。
そこに“君”がいるから頑張っていける。
そこに“君”がいるから登っていける。

目の前が、さらに輝いて見えた。

☆心が響いたら⇒ Click!☆
[PR]
by logos7777 | 2005-04-30 22:38 | アイドル/タレント