いつか、聴いた歌。いつか、胸ふるわせた歌。いまの僕へと、導いた歌。 ・・・そんなエピソードの数々


by logos7777
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

星のように生きるために

♪BGM≪『ポーラー・スター』八神純子

彼女のことを知ったのは、兄の影響が大きかった。
彼女が大ブレイクする前から、
その透き通った歌声、甘さと情熱を含んだ世界を、
僕もまた、知らず知らずのうちに感じ取っていた。

高校時代に一番仲のよかったNもまた、
彼女の世界を愛した一人だった。

兄弟、友達と、身近に接する人を通して、
僕の関心は、無表情のままではいられなかった。

♪ポーラー・スター いとしい人 小さな私を守って
 せつなく迷う夜も とびこえる勇気をくれた・・・♪


星は、太陽の光を受けて、
せいいっぱいの輝きを放とうとする。
太陽の、圧倒的な光を直視することができない僕らは、
星を見つめることによって、
太陽の尊さを感じているのかもしれない。

それは、圧倒的な光を与えてくださる神様の愛を、
天使を通して感じ取っている姿に通じているかもしれない。

あの頃、やりきれない思いを抱えながら、
誰にも話すことのできなかった僕は、
ベランダに出て、星を見上げながら涙を流した。
星は、ただ、輝きを僕に向けるだけだった。
だけど、それが、僕にとって、最高の安らぎになった。

♪ポーラー・スター いとしい人 もっと強く導いてほしい
 今すぐとんでゆくわ ためらう私を受け止めて・・・♪


星は、太陽の光を受けるために、
自分自身のこだわりを持っていない。
この光を受ける生命たちに、知ってほしいと願うことがある。

それは、すべての生命が、太陽の光を受けて、
その光をもって、他の生命を照らしてほしい。
その光をもって、他の生命と照らしあってほしい。

光は、光を受けてこそ、光を放つことができる。
光は、光を分け合ってこそ、光を増やすことができる。

そのためには、こだわりがあってはいけない。

強さとは、光を循環させるような
澄み切った心を持つことから生まれてくる。

あの星のように、強く導く力を、
人間である僕らもまた持つことができるとするならば、
澄み切った感覚を取り戻すこと。
澄み切った感覚を味わうこと。
澄み切った感覚を持続させること。

その感覚を、自分のものとして確立した人こそが、
地上において、星となるのだ。

♪輝け ポーラー・スター 私の ポーラー・スター
 北の空高く
 輝け ポーラー・スター 私の ポーラー・スター
 教えて 私の未来♪


どんなに拙くてもいい。
僕は、僕として、
僕にとっての最高の星となりたい!

☆心が響いたら⇒ Click!☆
[PR]
by logos7777 | 2005-05-25 22:57 | J-POP/ニューミュージック